社内失業者の送別会

社内失業者の人なら、「送別会」なんていらない、と100人中100人が言うでしょう。

仕事がなく、周りとのコミュニケーションも希薄どころじゃないのに

なんで今更送別会か、と。

逆に、嫌がらせか??? みたいな。

声もかけられないとそれはそれで虚しくもありますけど、ないほうが助かります。

私の場合、声かけられてません。

あ、唯一声かけてきた人物がいます。社長です…。

一番私の状況を分かってない方なので、普通に空気読めなくてそうなったんでしょうね…。

後の人は空気読んだのか、送別会なんて頭に浮かびもしなかったのか、特になにも言われません。
それで本望です。義理で呼ばれても断るのめんどうなだけなので。

のっけから社内失業者の私にとって、送別会は、入社した当初に行われた歓迎会でした。

歓迎という名目でされたけども、すでにその時点で仕事なんてなくてサヨウナラーだったわけですから。

前の会社では送別会もあったし、退職日に花束をもらったりしました。

今回はないと思う。

誰も「おつかれさま」なんて思っちゃいないから。

退職日、帰り道に、自分で自分に花束を買おうかな、と思ってます。

自分にしか分からない、社内失業者の人にしか分からない頑張りや苦労があったから

分かってる自分から花束もらえればそれでいいや、みたいな。

なんかすごい寂しい感じで人に見られたら恥ずかしいけどwww

社内失業者、最後の恥です。

illust1871_thumb

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*