末期症状2

末期症状1 からの続きです。
こちらのブログを読んでのコメントになってます。

【勤務態度】

どんどん不良社員化が進みます。

・暇でインターネットを見るのですが、最初はウィンドウを小さくしてこそこそ見ていましたが、だんだん馬鹿らしくなってきて今では余裕の全画面です。

・遅刻が増えます。これは自ら律さなければなりませんが、やることがない場所へ行くと思うと自然と自分に甘くなってきてしまいます。(会社が遅刻に対してゆるいからこそ、ということもありますが)

・暇だと眠くなります。夜更かしをしているので余計に。

「今では余裕の全画面」wwwwwww

私も。ネットショッピングとかね。エロ動画も見てました。

入社当初は1番乗り出社も多かったけど社内失業後期においては遅刻まではせずとも誰よりも遅く出勤。早くきたところでやることないし。
昼休みは寝てるし、帰りも誰よりも早く帰る日が多い。もうじきに寿退社することに決めたから、開き直りだな。
社内失業中期までは、毎日早く帰ると仕事がないことがバレてしまうからってんであえてカモフラのために残業したりしてた。それは会社にとってはまだましなほう。

不良社員化がほんとに悪化していくと、暇が高じて会社で悪いことに手を染めてしまうのではないかと思う。時々、暇すぎて、なんかイタズラしようかって思う。

もしドラマみたいにライバル会社の人がこっそりやってきて情報操作や漏えいを言って来たら、話に乗ってしまうだろうな。

なんか自分もようここまで落ちたと思うわ。
中途とはいえあんなに目を輝かせて入社してきた自分を、今思い出して可哀想に思えるのと別人のような気持ち。
会社には感謝しているのに、好きか?と聞かれれば、あのころは即答で「好き」だったけど今は「嫌い」だな。 

【転職】

・職務経歴書が書けない。書くことがない。盛り方が上手くならないと不可能です。

・転職できる自信がない。「こんな俺が他の職場でやっていけるのだろうか」と思ってしまいます。

・時間があるとはいえ、動く力が出ない。転職活動には大きなパワーが必要です。

・キャリア開発がしづらくなる。目標を見失っているため、語学の勉強や資格を取ろうとしてもなかなか身が入りません。これをやって自分がどうなるのかイメージできないのです。また、業務時間中にデスクで勉強をすることは、ただ暇をつぶしているのとは違う妙な罪悪感も伴うために難しいのです。

・自分がどんな仕事をしたいのか、どんな仕事が向いているのかわからなくなります。

前職経験がいくつかあるとはいえ、今職務経歴書を書くとなると現職の欄が???になる。嘘を書こうと思えばいくらでもかけるのだが。語学や専門職の資格ももう更新を全く受けてないし、登録サイトもアカウント削除した。

そうそう、業務中勉強するのってなんか罪悪感も感じますよ。勉強して罪悪感があるなんてどんな二宮金次郎だよ。

結局のところ現職だけならず、前職も今更ながら振り返って向いてなかったのでは、なんて思ったりして、ほんと過去のことまで掘り起こしてわけわからない落ち方をする社内失業者の私です。


【価値観】

良くも悪くも価値観が変わります。

・社会人となれば誰もがぶつかることかもしれませんが、頑張れば報われる、ということが必ずしも通じないということに気付きます。組織上、どうにもならない圧倒的な現実があるのです。妙な達観と傍観。

・正社員で働くことが必ずしも良いことだとは思わなくなる。バイトでも良いから好きな分野の仕事をして暮らす方がよっぽど良い人生のような気がします。

・待遇が悪くでも、自分という人生を光らせることができれば良いのではないでしょうか。

・今まで人生がどうでも良くなり、それらを捨ててでもこれからの人生が楽しくなれば良いと思います。

そうそう・・・ バイトの人でも輝いて充実して働いてる人みると心底うらやましいわ。ない物ねだりなのはわかてます。。。
彼らは彼らでワーキングプアなんて呼ばれて、将来を考えると悲観し、大変なんだってね。 
社内失業は社内失業で、
私は私で、うまい生き方の糸口を見つけねばなるまい。
「甘ったれ」と言われれば素直に「そうです」と言わざるをえまい。
折れっぱなしでしな垂れていったのは自分自身だから。
でもこれだけ社内失業が取沙汰されて社会現象化してるのだからこれはもう個人の責任だけじゃないでしょ、とは思ってます。
すっごい単純に考えれば過労死しそうな多忙責務の人と社内失業者がタッグを組めば問題が一気に解決しそうなんだけどそんな単純な問題じゃないし、つまり個人個人の努力や意志だけでどうにかなる問題じゃないってこと。 

社内失業も後期に差し掛かり、末期症状なのか、悪意に満ちてきた自分がいる。

上司への恨みなのか自分自身に対する怒りが別方向に発散されているのか・・・

早く脱出してこの悪意から解放されたい・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*