仕事がなくて行きついたところ

社内失業の苦痛は人にわかってもらえても、その苦悩は たぶん経験者にしかわからない。

社内失業によってねじまがってしまった、会社や社会に対する感情、態度。
矛盾したようにみえる行動。
はたからみればただの偏屈者。

私の場合、
社内失業して あがいてあがいて どうにもならず
失敗もして 自分に失望し
自分も人も信用できなくなり
仕事を受けることさえ怖くなり
それでも 人からは平静を保っているようにみえるよう、ギリギリのところで世間体を保った。
ギリギリを越えてしまってからは、
世間体や 人からどう見られるかを捨てたから
少し楽になった。だけど変な女まっしぐら(笑)
割りきったんだよね。
愛されるのは、認められるのは、ほんの一部の大事な人々だけでいいって。

世捨て人は案外らくなんだよなー。
そして、開き直ってみても、
まわりの反応なんて特になくて、誰からも文句いわれない。
なのでいま社内失業で悩んでいる人には、
開き直ることをすすめる。
悩みすぎて死なないために。

いままでが自意識過剰すぎたのかもしれない。
上司は相変わらず、私に仕事をふるのは苦手なようで、わたしが心閉ざそうと開こうとかわりない。
まわりのひとたちも、わたしが仕事してようが
してまいが興味ない
いまさら自分でもよくよく思い知ってるけど、
他人様なんて あんたのこと全然気にしてないしどうでもいいってこと。
あんたが仕事なかろうが 苦悩してようが
自分に仕事あって給料もらえてて、
他の社員が社内失業のせいで自分に弊害がなければ
どうだっていいってこと。

社内失業で、上司や会社に解決をもとめつつも、本気で助けてもらえるなんて思ってちゃいけない。
やっぱ解決できるのは自分だけ。。
仕事の中で いまだにやっぱり 考え込んだり
自信なかったりするけど、
尻込みせずに ぶつかるしかない。
ぶつからないと一生社会にたいして失業するから。
肩の力抜いて、意地張らずにやって
また仕事に向き合い出している。
最近は ぶつかることで少しずつだけど
任せてもらえたりたよりにしてもらえたりしているが
心の中は 実はあまりまだ素直になれてなくて
けっこう暗黒(笑)
心からの笑顔はでない。
この暗黒から抜け出せるのはいつだろう?
なんか支離滅裂な日記になっちゃった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*