社内失業者、異動

久々の更新になりました。
私生活で多忙にしていてあっという間の1~2ヶ月。。

社内失業の身を活かして(?)
私生活のことのために勤務時間も有効活用。

最近やっと生活が落ち着いたのだが、
仕事中に私用する癖がついてしまってなかなか仕事1本に身が入らないorz

実は、異動が決まりました。
諸事情は伏せますが、自分の希望でかなった、というわけではなく
偶然が度重なって、最善の方向で異動が出来る状況が訪れた感じです。
社内失業中、自分を捨てて、人間関係も希薄かつ、適当化の道を
ずんずん進んでいきましたが、幸い数名の上司とは良好な関係があったため
異動を取り計らってもらうきっかけになりました。
社内ホームレス状態で、いつもぼーっとつまらない顔をして
他社員の目も一切気にせず、反社会的かつ反会社的なことも
考えながら我が道をいっていましたが
この数名の上司がきたときだけは、言い方は悪いですが一応こびへつらってました。
今その成果がありました。。。
実力主義とは程遠い日本の中堅企業ではやっぱり人間関係、上司との関係
その辺が仕事の行先の決め手になるんでしょうかね。

異動先では、えり好みしなければ仕事がある模様。
やっと、念願の社内失業脱出かもしれません。

あまりに社内失業が板についてしまったので
ちゃんとやっていけるか(社会復帰)がちょっと心配。

もしかしたら、異動先では、ガチ残業もあるかもしれない。
時には社内失業のときのことを想いだして「あの頃に戻りたい」なんて思うだろうか。
いや、たぶん思わないと思う。。。。
「いきいきと生きる」ことを出来なくしてしまう社内失業の鈍痛はもう味わいたくない。

異動しても、今までと業務分野がまったく変わるわけではないので
引き続き社内失業的な要素や、
一部社内外からの「あんたの仕事は別に不要」的な位置づけにうっぷんがたまることもありそう。

このブログでは、これからも度々、
社内失業のいろいろや、脱出したからこそ分かったこと、など
書いていけたらと思います。

2013/6/28 追記
異動先でも社内失業脱却できませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*