実験1

社内失業から脱出しようと思って、ちょっと実験してみました。

 

 

最近はあんまりしてなかったんですが、

周りの人に

「手がすいてるんですけど、なにかすることありませんか?」と聞いてみるテスト。

 

 

結果

15分ぐらいで済む書類作成を1つもらいました。

その後、その同僚はウトウトとし出して、

眠りにおちてしまいました…。

まじです。

 

で、彼は上司から電話がくるまで30分ぐらい休憩してました。

(上長不在中ときどき見かける)

普段の彼はけっこう忙しそうなんですけど、今日はそうでもなかったようです。
それにしても基本仕事があって堂々とON/OFF出来る人はうらやましいです。

いつも仕事がなくOFFだとON/OFFもくそもないですから。

それで、15分の仕事以外は特に頼むことはなかったらしく終了。

 

 

昼間からこんな会社なので、社内失業が産まれる隙間も多いんでしょうな…。

 

けどこの同僚、ときとして忙しい時は、

ああ忙しい、boreoutあの雑用やってくれないかなぁと言わんばかりの

独り言を言うので、単純作業の雑用を手伝ったりしてます。

今日は雑用も仕事もなかったようだ。

 

実験結果

声掛けで多少の仕事はもらえた。

 

課題

長期的、役割的な仕事を得るには?

 

 

とりあえず明日からも時々声かけを再スタートしてみたいと思います。

一時期は、人に声かけるのも嫌だったんですが、

異動で環境が変わったのもあって、前よりはやりやすい。

それから、精神的に病みすぎて

なんだかやけくそ根性、世捨て人根性で、なんでもできる感じなので

とりあえず思いついたことを行動に移してみたいと思います。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*