元社内失業者のリアルな今はこうなりました。

久しぶりの更新になりました。
コメントが返せていなくてすみませんでした。

なんで更新が減ったかというと、もはや社内失業者じゃなくなったからもありますが、
いろいろとやることがありまして。
現在は雇われの職業にはついていません。
今はネットでお金を稼いでいます。
(金稼ぎ系の宣伝や勧誘ではありませんよ!!)
ネットでお金を稼ぐといっても、簡単じゃないんです。
まずは知識がいるし、積み重ねによる経験スキルや勘もいるし、根気もいる。
そして第一に「時間」がいる。
私がネット関係の知識を多く身に着けるきっかけになったのは「社内失業中の期間」でした。
私の場合は、会社が私にやらせる仕事がなかったがために、会社ホームページの管理を任せられました。当時ものすごいトラブルを背負ったこともあり(次記事詳細)、、社内失業という暇をいかして無駄に情報収集したり、サイトやサーバーを無駄にいじくり倒していたことが、今思えばよい勉強になっていました。あくまでも今思えばであって、当時は「私なにやってんだろう・・・誰の役にも立たないこんなことやって」と思っていましたが、巡り巡って今自分のためになっています。
社内失業真っ最中の当時は、ネットで稼げることをやっても、せいぜい月数十円~数千円あるかないかのものでした。当時は「副業」ということで1円でも稼げれば嬉しかったんだけど、自分の欲しいものを自由に買えるほどの金額になるというイメージまではありませんでした。
その先でそれがある程度の収入につながるなんて夢物語と思っていたんですよね。

なにがいいたいかというと、私の場合は、社内失業期間が必ずしも無駄ではなかった、
自分の人生の中で、あってしかるべきプロセスであった、ということと、
当時はそんなこと微塵も気づいていなかった、ということ。

今社内失業してて苦しんでいる方も、なにか将来に活かせることが、1つでも、少しでも、きっかけだけでも、あるかもしれない。そう思えば少しは心の救いになれば、と思います。

今自分が自分でお金を稼げるようになったことについて、精神論で話すと、
「仕事は自分で作るものだ」という社会風潮にビクビクしながらも結局自分で仕事を作ることができなかった社内失業時の悔しさがバネになっているところもあります。
今はまさに「自分で仕事を考えだし、果たし、お金を稼ぐ」ということを体現していることが自信になっています。
あの頃の上司や同僚に会うことがあれば自慢してやりたい!!!おまえらより頭使って金稼いでるぞ!
あの頃の自分にも教えたい。私は何もできない社会不適合者じゃなかったよって。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*