ゴミ書類の山は私の執着と未練の山。

さっき書類や私物を整理しました。

1時間かからない間に、ゴミ袋1つ分のゴミが。

ほんとはまだ使えるけど、見ても気分悪くなるだけなので捨てた私物もあります。

書類の中には、これは取っておいたら後々役立つかも?

ってのもあったけど、あえて捨てた。

私がいる間に役にたたなかったのだし。

山ほど捨てて、少しスッキリ。

ほんとは1つ残らず捨てて、何一つ家には持ちかえらないつもりだったんだけど、

節約のため使えるものはある程度持って帰ることに^^;汗

整理整頓・掃除をすると心も洗われる、と良くいうけどほんとだね。
もっと早く捨てちゃえば良かった。

このゴミの山は私の執着と未練の山にさえ見える。

この書類のゴミ山は、
「私仕事してます」という主張であって、
「必要な資料」ではなかった。
自分の中に、ゴミ屋敷のヌシに通じるものを感じてしまった。

どうせいらない書類をなんでこんなにせっせとためちゃったんだろうね。
自宅は物を極力増やさないようにしてきれいにしてるほうなんだけど。

とにかく、馬鹿みたいに取っておいた過去の書類を棄てて、すっきりしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キャラメル より:

    broeoutさんいよいよ退職の最終段階なのですね、よく堪えましたねここまで。
    早く社内失業の悪夢から立ち直れる日がくるといいですね。

    「よく頑張りました」と言いたい気持ちもあるけれど、何をがんばったという軌跡もないのもよくわかりますので「頑張る」は
    ふさわしくないことばですね。

    私は高年齢のためと、社内失業の為何のスキルもないし、途中で転職する勇気もなく、7年目の社内失業者です。みじめなものです。よくまあここまで馬鹿になって居れるなあと自分でも感心していますがこれも生活の為と思い、割り切っています。少ない給料でも我慢です。

    定年退職まであと2年、自然退職を待つ?苦しみもいかばかりかですが、broeoutさんに助けられています。ここにきて読ませてもらってどれだけ励みになるかわかりません。私の心情そのまま書いてくださっているようなものですから。
    辞める時、上司に物申すための参考になります、続けてくださいね、社内失業その後ということで。

    少し私のことを書きます。
    辞めるときの準備も少しずつしています、
    書類はできるだけ処分をしてます、私の名前の宛先の書いた荷物箱は名前を消したり削ったり?へんにこだわってます。形跡を残したくありません。
    前任者の残した書類やデータもちっとも参考にならず昨日、全部捨ててやりました。
    前任者も「社内失業」で、仕事のないところにあてがわれた私はとばっちりもいいところです。しかし前任者は派遣社員で「することがない」ことを上司にも言わず「仕事は充分、定時間でできます」と派遣元にもうちの会社にも言っておりただ座って時間過ごせばお金もらえるありがたい職場だと思っていたようで、暇を満喫していたようです。「それは契約にないからしません」などと仕事を頼めばそう言ってたらしいです、給料泥棒もよいところだと思いますが上は何も言わず信じて疑わなかった、そんなところに社員の私があてがわれ、私が実態を上に言ったが、職場がそれで慣れてしまっていたので、新たに仕事なんて無理だとおもったのでしょう。上司は私という部下の仕事をまじめに考えることなく怠慢し、まして私は高年齢のおばさんだから、上司は今から教育なんてする気もない。
    スキルアップをしたいので社内英語会話研修の募集に応募したこともあったが、上は「君は業務外!業務優先で募る、君にかける予算はとってない」これが上司の言葉です。しっかりこの言葉を覚えておこうと思った。
    私の後任なんか、いらない。仕事らしいものはないから!と言ってやります。いなくてもよい人材の為、
    引継はなくても支障ないし、書類は、やめる日までにきれいに捨てます。

    そして退職の日が来た時のためにこのブログを参考にさせていただいて、辞表の文章考えてますそして、上司にこんこんと今までの屈辱をぶちまけてやめてやろうと思ってます。

    • boreout より:

      キャラメルさん
      ねぎらいのお言葉ありがとうございます。
      今日が最終日です。私もキャラメルさんのコメントに救われた事多々ありますよ。似てるな~て思うことも。
      会社から、自分がいた痕跡を跡形もなく消そうと、自分の名前の書かれたものを消したり、ってすごい分かりますwww私も辞めると決めた頃からそれやり始めてました。
      名前のシールはもちろんパソコン内の資料やユーザー名からなんから…。私が去ってから、誰かが私のことを思い出す物を見つけて「あ、こんな人いたな。」とか思い出されるのも嫌で嫌で。
      自分が当時頑張って作った書類なんかも全部取ってあったんですが、今みるとほんとバカバカしくなって、過去の自分がかわいそうでもあり、全部捨てました。
      ちなみに在職中に入籍して戸籍上は苗字が変わったんですが会社の人間から新姓で呼ばれたくなく、旧姓を通してきました。わざわざ新姓を聞いてきてそっちでしつこく読んでくるオジサンもいましたが。
      キャラメルさんの社内失業は前任者からのとばっちりの影響が大きかったんですね。働く意欲やスキルアップの意欲がなかった前任者から、社会人として「まともな」キャラメルさんに変わって、上司は本来すべきことがあっただろうに、自分の惰性や思い込みから怠慢してきたんですね。君にかける予算はない、そういう風に言われてほんとに嫌な思いをされたと思います。
      ご定年まであと2年、社内失業での2年はほんとに長い時間と思いますが、副業や趣味に気持ちを向けて、2年先のことを思いながら過ごされて下さいね。
      私は今日で社内失業を卒業して、その後の心の整理や、気持ちの変化などまたブログに書いていこうと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*