やる気がなくなっていくプロセス

断言する。やる気なんかないほうが社内失業生活は楽だ。

”やる気”なんてもんがあるからこそつらい。

やる気満々で入社してやれることはいろいろやった。

何かやっても評価されないことも多々あったけど、それでもまぁ最初はそんなもんかと続けた。
やる気があるから他の社員の話や先輩上司のプロジェクトの話も聞いて
端くれの仕事をもらったり、雑用なりともさせてもらったり。
でも人間の数は足りてるし、私以外の人間の得意分野のプロジェクトだから、
結局私には自分の得意分野の仕事どころか 自分の業務なんてのは何一つ定着しなかったし
定着したものがあっても単発不定期で”派遣か外注にでも頼めば?”というようなものだ。
報告連絡したって興味なさそうになんとなくうざそうに対応されたらこっちだって
その仕事の位置づけや意味がどういうものなのかぐらいわかる。

やる気があってなにかやりたいのにさせてもらえない。ここで出来る仕事がない。
(女だから?)暇してても要員にカウントされず現場に呼ばれない。
だんだんと今まで入ってきていたCCメールもこなくなり、なんのプロジェクトにも関わっていないことは
社内のいろんな人間の脳裏に着々とインプットされていてるのではないか。

やる気があるとつらい。”やる気”の居場所、やりどころがないからだ。
まるでエッチする気満々で彼女の家にやってきたのに彼女からずっと”生理中なの”と言われてるみたいだよ。
あ~ヤリたいのにヤレねー、冗談じゃねーよ、むらむらするう~~~ 出したい出したい。(って感じw?)
「てかお前かれこれ3週間ぐらい生理中みたいだけど大丈夫?」
あ、そうか、そうじゃなくて彼女はただ俺とやりたくないんだ。俺気づくのおそっ。あーつらい。性欲爆発寸前。
やる気(性欲)さえなければ別に今のままでいいし平気なのにな~。
オナニーで発散出来るけどやっぱ彼女としたいんだよな~~。

例えが変な方向にいったけどもwwwwwwww

要は仕事のやる気(↑で言う性欲)がなければ別に苦痛でもないしもんもんとストレス貯めることもない。
そういう”自分の中の心の仕組み”に気づいてくると、社内失業者は自分のやる気が出ないような
方向転換をするんだと思う。やる気がないほうがずっと楽なんだから無意識または意識的にやる気をなくならせてある種自己防衛だ。

方向転換後からしかその社員を知らない人は、その人を出来損ないの不要な社員とみなして
余計に仕事は寄りつかなくなっていく・・・・・・・。

そしてこのやる気、押し殺していても、時々にょきにょきっと出てくるときがあるのが厄介で。
あ、こんなことやってみたらおもしろいかも? とか
今度こそ上司に認めてもらって自分の仕事が出来るかも?、とか
やっと自分もなにか仕事らしい仕事して会社に人件費回収させれるかも?とか
社内失業脱出できそうな案を見つけた!?とか
まっとうな?善意の?やる気??の淡い期待??みたいのが出てくるときがあるのね。
そしてそういうのをきっかけに社内失業卒業できそうになったりチャンスであるんだけど。
ていうかそのやる気ってのが完全に死んでしまってはもう社内失業脱出できないんだけど。

ここで問題は、このにょきにょきやる気さんを、仮に、また上司が、
仮に意図せずとしても、踏みにじってしまったとしたら。

それほどに社内失業者を苦しめるものはないと思う。
「やっぱり私はだめなんだ。不要なんだ」
「調子に乗ってまた自分を過信してやる気だして取り組んだりしたからこうなるんだ・・・」

と、上司に傷つけられるというよりかも、自分のやる気が自分自身を傷つけることになる。
上司は悪気なんて全然感じてない。それを見てまた腹がたつ。分かっててもね。

ただでさえ仕事のことでプライドずたずた、精神不安定、精神薄弱状態の社内失業者ですから。

ま~ど根性精神のおっさん世代から言わせれば、まさに根性がないとか意志薄弱だとか
そういうところが社会の欠陥品だとかいろいろ思うところはあるんだろうしそれもそうなんだよね。
そういうの分かってるから余計悔しいしオッサン連中に腹が立って来るし
もうそれはやる気うんぬんの問題をスーパー通り越してきて”悪意”に豹変してきて
オッサン上司連中をぶち殺したり彼らの仕事をめちゃくちゃにしたくなってくるんだよね。
そういう悪意でさえもバネに頑張れたらいいんだろうけど。
ていうか私は今その悪意をバネに仕事してる部分があります、正直。
でもこんなんでいいのか分からない。こんなんでいいのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*