社内失業からの転職!

社内失業の会社を退職後、

たいして気合いの入らない転職活動を経て

転職が決まりました!!!

”気合いの入らない転職活動”というと聞こえが悪いけども

要は「企業に対して、自分に対して過剰に期待しない、達観しながらの就活だった」

という感じです。(エラそう??ごめんなさい)

社内失業してからというもの、

会社に対して失望しました。

社会に対しても失望しました。

いや、自分に対して一番失望しました。

自分ってなんてちっぽけな存在なんだろう。

なんて役立たずなんだろう。

なんてみじめなんだろう・・・。

N811_unadarerusarari-man500

一旦そういう境地に落ちたから、

必要以上に自分を大きく見せ、会社によく思われようとか

評価されたいとか、

社会的にいい職につきたいとか、

自分のこだわりを通したい、って気持ちがなくなって

案外楽な気持ちで就活に挑めたんだと思います。

「自分が出来る事を精一杯やって、それにそこそこ見合ったお金をもらう。」

そんな感じかな。

最初の新卒就職のときや、

前回の転職のときは、

やたら胸ふくらまして、意気揚々としてたんだけども、それはない。

こういう気楽な気持ちは、

私が共働き夫婦で、夫の収入の支えがあるからこそ

持てるものなのかもしれないので、

自力一本で生活したり全家族を支えながら

転職戦線に出ている社内失業者の皆様には

なんだか申し訳ない気持ちになってしまうのですが、

あくまでも私のケースとして掲載してますのであしからず…。

CSS85_hurikaeruyouko20131019500

転職の際、

職務経歴書には、

「社内失業してました」とはもちろん書けませんで、

一通りそれらしきことを書いておきました。

そして基本的には、前々職のキャリアを前面に押し出す感じでいきました。

そっちのときの話だと幸いいくらでもネタがあったので。

新卒でスキルをつけてないうちから社内失業に陥らざるを得なかった人は

転職で本当に困るだろうな、と、

増田不三雄さんのブログか記事のどれかに書いてあったことを

改めて思いました。

社内失業してからの転職で良かったな、と思ったこと

社内観察、洞察力がついてる。

面接にいって、会社の雰囲気や人の表情、動き、担当者の言葉のはしばしに、いろいろと裏を読む能力が付いた。それもこれも、社内失業中に暇で暇でやたら社内観察や人の心を勘ぐるようなことばっかりしていたからだと思う。
入社してみないとその会社のことはハッキリわからないとはいえ、面接時点で「危険因子」を嗅ぎ分ける能力が、通常の社会生活を送っている人より上がっていたと思われる。

プライドがない。

これはもう、一回ずたぼろになってるんで。
今さら仕事にえり好みとか、こういうのは私の専門じゃないとか、言ってられません。そりゃ好きな仕事、苦手な仕事はあるけど、私に仕事をくれるなら、

「ハイよろこんで!!!」

の姿勢が、社内失業によって身についている。
自分に与えられた仕事がそこにある、というだけでも喜べる、という心境からのスタートなのは気持ちがいいです。

新たな会社に入れば、またいろいろと新たな悩みも出てくるだろうけど、
社内失業ほどの無念な感じ、むなしさ、失望、悲しみは味あわなくて済むと思う。

頑張ります。

お願い:「社内失業」認知拡大のため、
ランキング1日1クリックご協力お願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Sapphire より:

    こんばんは。お久しぶりです。
    新しいお仕事が決まったそうで、おめでとうございます!

    私は担当している「大仕事」も目の前に迫りつつあり、
    ようやく「自分の本来の仕事」ができるようになったと思います。
    毎日、海外とやりとりをし、これまでの社内失業が嘘のように
    充実した生活を送っています。
    しかも、昨年末から手がけていた副業も絶好調で、
    自己最大の売上を達成しました。
    このおかげで、たとえ国際会議が終わった後、
    急にやることがなくなって暇になっても、
    副業で独立することを視野に入れて動いているので、
    もう前ほど気分的に落ち込むことはないと思います。

    新しいお仕事、いろいろあると思いますが、頑張ってくださいね!
    つらい社内失業の「闇の時代」をくぐり抜けてきたboreoutさんだからこそ、
    きっと今度のお仕事ではその経験を活かして、活躍できると思います。
    頑張ってください。応援してます!

    • boreout より:

      こんばんは!お久しぶりです。更新少なくなってたのに見て頂いてありがとうございます!!
      大仕事もうすぐですね!Sapphireさんが水を得た魚のようになっていて、なによりです。
      社内失業で白い眼でみられてた同僚やお局さんのことも、今やどんどん見返しているんでしょうね~!
      「社内失業者」になってしまった人も、こうやって人が出来ないような大仕事や副業で成功する能力がある・・・
      世間では想像もされてない事実だと思います。
      新しい仕事、闇の社内失業を経験してるので、不安がほとんどありませんw
      お互い新しい道で活躍してがんばりましょう!

  2. mali より:

    初めまして。
    「社内失業」「転職」「高給」というキーワードで、このサイトにたどり着きました。
    誰にも打ち明けられない心の内を聞いて頂けますか?
    迷惑なようなら、削除して頂いても構いません。
    (非公開っていう選択肢がないので・・・すみません)

    激務と責任が重くのしかかる役職にいたため最初は高給でしたが、経営者のあまりの無能さに呆れ、全ての経営ミスを私に責任転嫁してきたので、転職先も探さないまま退職届を出したところ、トップは受理しました。
    が、トップを説得するからと、直属の上司に残って欲しいとお願いされ(私の退職で胃潰瘍になってゲッソリしてしまいました)、無能経営者と関わらない役職への異動を前提に残ることになりました。
    その結果、その上司は良い人なのですが、何も仕事内容を考えていなかったので、何もすることがないまま社内失業突入です。
    それまでの激務との差もあってか、全ての社内情報が通過していくポジションから一切何も来ないポジションになってしまったためか、毎日無力感です。
    前ポジの部下たちからは以前のように相談を受けても、責任を持てないので曖昧な回答しかできない。
    データが欲しくても「今のあなたには関係がない」と言われて、何も見せてもらえない。
    何をしろって言うんですか・・・・という日々を過ごして約半年。
    限界が来ました。
    今、恩師の方から転職の話があり、社内の全管理を任される立場でのオファーがあります。ゆくゆくは、社長候補だと。とても小さい会社なので。
    ただ、前ポジがそんなんだったので、今の給与は比較的高給のままで、転職候補先も同額が限界だと仰ります。
    通勤も乗り換えが多く、結構不便なところです。
    ですが、転職候補先は私のやり方や能力を非常に高く評価して下さっています。
    そんな状態を、友人は、「高給で楽(社内失業)なところから、同額で激務に移るなんて」と不思議がります。
    でも、社内失業って、自分のプライドがズタズタになりますよね。
    お給料ももちろん重要ですが、私は仕事がしたくて会社に来ているのに、
    私なら解決できることがそこら中で停滞したままになっているのに、
    何もさせてもらえない。。。こんな地獄、誰にも分ってもらえませんでした。
    でも、友人があまりにそんな反応なので、転職して激務になると、
    「同じ給与で、職場も不便だし、こんなに仕事しなきゃいけないの?」と自分が考えるのか、正直不安になってきました。
    やる気のある人間にとっての社内失業は、経験した人間にしか分からない辛さだと思います。
    でも、やはりその友人の言葉がなんだか引っかかっていて、踏み出せない状態です。
    「もう少し良い転職先があるんじゃ?」
    という、何の根拠もない期待が残っていて、まだ返事できていません。
    けど、内心では、給与よりも仕事のし甲斐、ひいては、生き甲斐の方が大切、という思いも強いです。
    boreoutさんの場合、給与や通勤はどのくらいのファクターでしたか?
    すみません、初めてなのに長文で。。。

    • boreout(サイト管理人) より:

      maliさん
      コメントありがとうございます。私は高給取りでも役員でもなかったのでmaliさんの状況がよくわかりかねるのですが…どんなポジションにあっても社内失業はありうるんだなと改めて感じました。
      給与や通勤は、私の場合はそこまで大きなファクターではありませんでした。当時、お金のために働いているという感覚があまりなかったので、だからこそ社内失業で「働くこと」ができないのはつらい状況でした。仮に「通勤が楽でお金さえ稼げればなんでもいい」という観点の職選びをして入った会社だったらラッキーだと思えていたかもしれません。自分にとって「働くことがなんなのか」がよく理解できたのはごく最近で、私の場合は自己実現、自己表現の一つでした。maliさんの場合はどうでしょうか?そこをクリアにしたら少しは選択がしやすくなるのではないでしょうか。

  3. mali より:

    お返事ありがとうございます。
    「働くことがなんなのか」「それは自己表現の一つ」という言葉に、とても共感を覚えました。分かります。私も自分の考えや思いを形に現したい、だから、仕事をする、という感じです。
    勝手に一方的にコメントを書かせて頂いただけですが、コメントを書くことで自分の気持ちがスッキリし、決断させて頂きました。
    一度しかない人生、自分のやりたいことを実行するために、仕事を選ぼうと思います。
    ありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*