仕事は絶対人にまわさず保守。「残業がしたい同僚」の話。

社内失業中にね、
プライド捨てて「仕事ください。お願いします」「お手伝いさせてください」と頭下げても、仕事流してくれない人はやっぱりくれないんですよ。どう見ても仕事かかえてるし、おそくまで残って残務処理してて、しかも誰でもできそうな単純作業。私のこと信用できないとか以前の本当に単純な打ち込み作業とか、ひどいときは折込チラシの折り作業www

なんなのこいつら。ってね。

彼らは残業がしたかったんだ。日経新聞電子版にあったこの記事、みてよ。

日本人の残業、元凶は「家に帰りたくない」人たち
(会員限定記事です)

”日本で残業の削減が進まない背景には、「家に帰りたくない」という諸外国には見られないだろう理由がある──。”

家に帰ったら家事をやらされる、子供の相手をさせられる、妻に小言を言われる、などの理由で家に帰りたくなく、会社にいたほうがよっぽど居心地がいいというサラリーマンが多いんだそう。

まさにこの理由だったよね。あいつらが仕事私に回さずに残業してたのって。

あと、残業代が欲しいとかね。

社内失業2年目あたりだったかな~?

異動して業務の仕事をやる部屋にいて、仕事なんていくらでもありそうに見えたのになんで社内失業から抜けられなかったかというと、もともといたこの「残業したい同僚」から仕事をもらい尽くせなかった。

どうすればよかったんだろうね 彼のようなタイプの同僚から仕事もらうには。

会社からしたら、責任感のある頼りがいのある社員だったかもしれない。

彼は昼間はダラダラのろのろと仕事をやってるフリしてて(私もそうでしたけどね)

終業時間頃からバリバリ働き出していた。

上司たちはその様子を目の前で見ておらず、退社時間しか知らない。彼の口から出る言葉しか知らない。

彼は昼も夜もバリバリ働いていると思われていた。

彼がやっていたのは

「仕事を増やし、システム化せず、もっと非効率にすること」に見えた。

私は逆に「合理化、シンプル化、効率化」を念頭に仕事をしていたから仕事もらってもすぐ終わった。(自慢かww)

は~ 今思い出してもきらいだわあいつ。

家のローンがあって返済が苦しいから残業したいってすぐ上の上司に本音も伝えてた。

残業代泥棒じゃん。

あ、私は給料泥棒でしたすみません。

そういうしたたかな、ずるい奴に負けてた私がアウト~~~~~!!!

もっとしたたかになるべきだったのかもな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*